4月11日、オホーツク地域の平野部で見かけた風景を紹介します。雪がほとんど融けた畑地でマガモとシジュウカラガンの群れを見かけました。別の場所にはヒシクイの集団もいましたが、この畑地ではマガモとシジュウカラガンのみの集団でした。双方合わせて百数十羽ほどいました。驚かせないよう遠くでの観察のため写真の精度は落ちています。首から上が黒いのがシジュウカラガン、嘴から目にかけて白く見えるのがマガンです。

マガンとシジュウカラガン
マガンとシジュカラガン
マガンとシジュウカラガン
シジュウカラガンとオオハクチョウ

コメントを残す