4月3日、雪融けが進んだオホーツク地域の斜里町内の遺跡をドローンで撮影しました。今回紹介するのはトウツル沼周辺の海岸砂丘に残されている2つの遺跡、大栄海岸砂丘遺跡とトーツル沼1遺跡です。縄文時代(中期)からアイヌ文化期まで包含していると考えられる遺跡です。竪穴住居跡(続縄文期)に雪が残っていますが、この写真では少しわかりにくいかもしれません。

大栄海岸砂丘遺跡
大栄海岸砂丘遺跡
トーツル沼1遺跡
トーツル沼1遺跡

コメントを残す